1.30.2010

判断力を磨く?

巷で飛び交っている不動産のニュースは、相変わらずconfusing at best。

私は(意外にも)統計が好きだし、数字を読むのが楽しいと思う方だから、いろんなデータを見て自分なりに解釈してニマニマしてることもある。ちょっと変?

でも、局部の短期的な事に集中してる時にも、頭のどこかにあるbig pictureと照らしながら行ったり来たりを繰り返しつつ判断してる事がよくある。

それに数字ばかりじゃなくて、いろんな人と話したり、感触をつかんだり、実際見て回ったりしながら、全てひっくるめて考えるのが大事だとも思う。
時には,数字に出ない事の方が大事だったりするし。
そればかりか、情報がほとんどないのに判断しなきゃならない事だってあるし。。。

誰だって、その人の経験、状況や立場が いろんな判断に影響するのだから、それぞれ同じ情報を手にしても解釈、判断が違って当然。

大事な判断をする時には、自分のガッツ・フィーリングを信じろと言われるけれど、私も同感。でもこれ「ちょっとそんな気がした」レベルのただのフィーリングとは全く別物だと思う。

生まれつき勘の強い人は別として、普通の人でも頼りになるガッツ・フィーリングを磨いて培う事はできるはず。
例えば、
とにかく数をたくさんこなし経験をうーんと積む。
本当に心底、分かりたい、知りたいと思う。
変な先入観で曇っていないピュアな心を持つ。

それと、いくら当たるからと言っても、過信し始めた時に判断が歪み始めるから、ちょっと謙虚に向上心を持ち続ける事かなと思う。