7.31.2014

歩行者信号ボタン



Photo: Dallas Morning News
やっぱり。ダラス市内の信号の歩行者ボタンは飾り?だった

あの押しても押されたのかどうか、全く反応のない二昔前のボタン。それに、どの方向に渡るためにどのボタンを押せばいいのかわからない所に設置してあったりして、ネグレクトされているのは明らかだった。

10年くらい前までは車社会で、ダウンタウンで働いていない人が街を歩きまわることはあまりなかった。でも、最近、特にクライド・ウォーレン・パークペロー・ミュージーアムが出来てからは賑やかになったし、他所から来る人だけでなく、ダウンタウンやアップタウンに住む人だって増えているのだから、歩行者への考慮はますます大事になってくると思う。



歩行者の多い交差点を選び出して、押しボタンを使わずに時間で変わる箇所では、ボタンを外して、時間で変わる旨わかりやすいサインに付け替えてくれればいいのに。予算もそれほどかかるとは思えないし。このところダラスが力を入れているバイクレーンの整備とタイアップとかできるのでは。

まあ、システム全体が壊れてると市が認めて、こうやって新聞記事になるってことは、改善に向かう可能性がありってことだと思いたい。