8.06.2014

Flower Mound council approved "not so anti-solar" guidelines

City of Flower Mound removed majority of anti-solar requirements originally proposed before approving the amendment. A big win for solar. Many thanks to those who contributed the effort.

 

そもそも、どうしてソーラーパネルの設置を市が規制しようとしたのか?

直接のきっかけは、ビデオにあるネットゼロの家のソーラーパネルを、HOA(Home Owner's Association 自治会のようなもの)が取り外せと要求したこと。テキサス州の法律で、HOAはソーラーパネル設置を禁止できないことにはなっているが、条件をつけたり、設置を困難にしようと思えばする方法はある。(なんでそんなことまでするのかと言うのは、別の話)



家のオーナーとHOAとの間の訴訟に発展した争いは示談になったが、そのHOAに属する町会議員が、HOAがダメなら市の法律で規制しようと図ったという次第。

最初に提案された案は、道路に面する屋根への設置禁止をはじめ、「こんな法律が通ったら、フラワーマウンドでソーラー設置する人はいなくなるね。」と思うくらい厳しかった。春から夏にかけての3回行われたヒヤリングには、住民だけでなく、ソーラーの支援者もかけつけて、結果、支援者側が反対した項目は全て外された案が成立した。

きっかけとなったビデオの家のオーナーは、最初は「この法律の標的は自分だし、提案した議員と犬猫の間だから、顔を出したくない」と渋っていたけれど、最後のヒヤリングでは堂々と抗議して勝利を飾った。テキサスのソーラーにプラスワン!