治安と安全



いまだにケネディの影響か、ダラスは怖い所というイメージが根強い上に、テキサスはみんな銃を持ってると思われているようで。。。(苦笑) 

私は今までアメリカに延べ24年、ダラス郊外のプレーノには20年住んで、仕事も子育てもし、チャレンジ精神でいろいろな所に出かけたり、いろんな事をしたりしてきました。単にラッキーなだけかもしれませんが、今まで一度も怖い目にあった事はありません。

悪い人はどこにでもいるでしょうが、ほとんどの人は良い人なのと同じで、危険はどこにでもあるでしょうが、普段はほとんど安全なのを忘れないでくださいね。常識を身につけて基本を押さえたら、怖がらずいろいろ体験する方が楽しさも増します。

住むのにこの辺りは安心でこの辺りは避けた方が良いというのはあります。(ツルーリアの犯罪マップはいい参考になります)でも治安が良い所でもボーッとしてればリスクは増え、反対に、危なさそうな所でもリスクを減らす方法はあります。安全は、環境選びだけでなく自分の心構えが大きく左右します。
 
まず、一番大事なのは、どこでもオドオド、キョロキョロせず周辺に敏感に目を配りつつ胸を張って自信ある態度を保つ事。その他、いくつか並べてみると。
  •  現金を多く持ち歩かず、出し入れはさっと
  •  手荷物は少なめに、また貴重品は常に手から離さない(レストランでの椅子掛け、グローサリーのカート置きっぱなしは避ける)
  •  治安が不安なエリアには、高級な身なりで出かけない
  •  不安なら誰かと一緒に出かけ、特に暗くなってからはひとりで出かけない
  •  ピンクなど目立つ色のPepper Sprayを、建物から車まで歩く時には手に持つ
  •  車は明るくて人通りがあるような所に停める
  •  emergency road service(車の保険や携帯電話に付加)を利用して緊急時のヘルプを確保しておく
  •  ガラージドアは必ず閉める。全てのドアの鍵かけを忘れない
  •  空けっぱなしのガラージドアが、毎年、家の窃盗侵入口トップだそうです
  •  玄関に人が来たらWho is it?と大声で答える。簡単にドアは開けない
  •  家の中のテレビやコンピュータ等は、外から簡単に見えないような場所に置く
  •  ベッドルームやバスルームのブラインドは、夜はきちんと閉める
  •  バケーション時は、新聞やメールを止め、近所の人に目を配ってもらう
  •  バケーション時は、ランプやラジオをタイマーでオンオフ設定する
  •  SSN、運転免許番号、生年月日は、必要でない時以外は他人に渡さない
  •  銀行やカードなどはオンラインで処理し、紙での明細郵送を避ける
基本は、「Trust, but Verify」   「Relax, and Stay Alert」です。

プレーノはポリス主催の無料安全セミナーとかも定期的にありますので、参加して知識を増やしましょう。また、リクエストすれば、家に来て泥棒防止のアドバイスもしてくれます。

ID Theftに関しては、FTC(Federal Trade Commission)サイトが詳しいので参考にして下さい。



情報は最新でない事もあり得ます。あくまでも参考程度とご理解の上、 自己責任でご利用下さい。